ハネホンSTAFFがお届けする最新情報、イベント情報、お遊び情報などなど


by hanehon-member
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

The new BMW F800R. 参上!

自在の絶叫マシン。
The new BMW F800R.

やって来ました!
スタッフは朝からワクワク&ドキドキ・・・

いち早く、このニューモデルを体感したスタッフから感想をお届けいたします。
まずは、まだ大型免許を持っていないスタッフ中田くん!
どうぞぉ~070.gif

営業の中田です~
僕が言えることはただ一つ、

身長が低くても乗れる数少ない大型バイクです!
ぜひ AMC  TOKYO で試乗してみて下さい!!

e0169977_16365522.jpg



お次は、大型免許を持っているので社長に許可を得て試乗もしてきた本橋くん!
どうぞぉ~070.gif


はいわかりました! では新人本橋が率直な感想を言うと、

・速い!!!
・軽い!!!
・足付き最高!!!

っと言ったところです049.gif
めちゃくちゃ簡単な感想でほんとすいません。。。

でも結局はこういうことなんっすよ!!
これしか思いつかなかったんすよ!!
詳しいことがんばって書こうと思ったんですけど、下に全部書かれたんっすよ!!(笑)

っというわけで、この下にめっちゃわかりやすく書いてありますので、
もっと詳しいこと知りたいお方はご覧になってくださぁい(逃げ)

乗ったら欲しくなっちゃいますよ037.gif
e0169977_16413289.jpg


お次は誰よりも早く試乗した加藤さん!
どうぞぉ~070.gif

※あまりにも早く試乗に出たので、写真撮る暇がありませんでした・・・



さて、ここでは、足つきの状態を図解しましょう。
身長161cmの営業N君だと、両足で立つと、つま先足指はOK!かかとはNG状態
片足だとかかとまで着く状態です。

e0169977_1737534.jpg


次に、身長173cm股下76の自分だと・・・
ノープロブレムですね。両足かかとが着きます。
ただ、ちょっと難点が・・・
足つきは良いのですが、これ多分、ローシートなんですよね・・・

e0169977_1737527.jpg


私の場合、このシートだとシートの角が太ももにあたり痛い状態になります。
雑誌では、日本仕様は標準シートと記載されているけど、
うちに入って来た試乗車は、明らかにローシート仕様だと思う・・・(要確認!)
ちなみに、ローシート:775mm、標準シート:800mm、ハイシート:825mmだそうです。


中年の感想

さて、新人二人とは別に、一足先に試乗した中年の印象としては・・・

これって軽い!

ですね。

多分、歴代のBMWの車両で、これだけ軽い乗り味のバイクは無かったのでは?

街乗りがこんなに楽しいBMWって、無かったんじゃないでしょうか?

全てにおいて軽いんです。でも、軽薄では無いんですね。芯はしっかりある。

まず軽さが一番効いてるな~と思ったのが、ブレーキ!
ちょっと入力しただけでグンっと効力が立ちあがって来る!
効きすぎてちょっと怖い印象もありますが、
このブレーキのタッチと効きはかなり好印象でした。

後は、取り回しの軽さ!
F800Rを動かした後に、K1300Rを動かすと重い・・・
同じ、ストリートファイター系でもキャラの違いが、
こういうところにも出てる気がします。
重量もパワーも、怒涛の質量で攻めるK1300Rに対して、
軽さでの切れを狙ったコンセプトの違いを垣間見た気がします。

走らせても軽いんです!
スタートダッシュでの出足の軽さ、
コーナーにアプローチする時の軽さ、
レーンチェンジの身のこなし。

ほんの短い距離を羽田空港の周辺で、試乗しただけのインプレですが、
新車ということも踏まえて、5,000rpmまでに抑えて走っても楽しいんです。
やっぱり軽いバイクって良いですよね~。

幹線道路60km/h規制の道で、流れている時のスピードや、
高速道路での規制スピードが80km/hだと思いますが

F800Rは、その速度域で、4速4,000rpmで80km/h、
6速3,000rpmで80km/hとなります。
自分の場合、6速3,000rpm:80km/hは、ちょっとバイクが可哀そうな気がして、
4速4,000rpm:80km/h で、走った方が気分が良い感じでした。
オプションのメーターバイザーのおかげで風圧も多少は軽減されていて快適です。

でも、軽いと感じた感覚を、
ちょっと冷静になって考えると、他のF800S・ST、F650GS・800GSと、
比較しても、重量では、5~8kgくらいの差しか無いんですよね・・・
5kgも違うと相当違うという人もいますが、私にはわからん・・・そんな違い・・・
自分の体重が5kg減ってもわからんかも・・・(笑 目指せマイナス20kg!)
何がこんなに違うんだろう?

アップライトだけど、立ちすぎないポジション、低い足つき性
そこそこ抑えの効くハンドル幅、カウルの無い軽快感、
そういうのがちょうど良いバランスなんでしょうね。

ただ、ポジションで一つだけ言わせてもらえば、このローシートは無しです。
着座位置がちょと沈み込んだ感じになるし、足を着地しても、乗車姿勢でも、
太ももの内側にシートの角が当たって少し痛い・・・
長距離を乗っていないのでハッキリとは言えませんが、多分、お尻が痛くなる・・・
足つきに不安が無ければ(身長170cm前後)標準シートがお薦めだと思います。

初代のF650のコンセプトから派生してきたF仕様の
究極のストリートバイクとしての進化が、
このF800Rで具現化された気がします。

気負わずに気軽に乗れるF800Rは、どなたにも勧められる
BMWのスタンダードになるかもしれません。

※ このブログで紹介した試乗車は、
ディーラー・ファースト・サプライと言われる仕様で、
特別にローシート仕様となっています。

この初期ロット終了後は、ノーマルシートが標準となります。
”最初からローシートが良い!”と思われる方はお急ぎください!
by hanehon-member | 2009-08-21 16:37