ハネホンSTAFFがお届けする最新情報、イベント情報、お遊び情報などなど


by hanehon-member
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カッコいいじゃん!これ!

お約束通り、行ってまいりました!

Tokyo Motor Show 2009!

(こっちは、嫁も子供も置き去りにした別の旦那の方です・・・笑)

VT1300CX

e0169977_1551522.jpg


カタログスペックなんざ書いても仕方のないバイクですので、
そういったものは、メーカーのHPにお任せして、
見た目の印象とかまたがった感想なんか書いて見ますね。

ズバリ!私が気に入った一番のポイントは

ココ!e0169977_15585886.jpg


普通、ネック部分から、タンクとエンジンの空間とか、タンクの造形!なんて言うと思ったでしょ?

残念!

このリヤフェンダーのぬるっとした感じと、シャフトとホイールの織りなすシームレスな流れ・・・それと、何とも言えぬ固まり感が・・・SEXY!

このバイクって、カタログイメージでも、イケてる?おっさんが乗ってる感じですが、
全体のデザインを見ると、とても女性的な線の細い流れるイメージがSEXYさを、
感じさせる品のあるスタイリングをしていると思うんです。

変な話、本家HDがどうしてもマッチョなアメリカンを感じさせるのに対し、
カタログの1・2面ぶち抜きで画像とタイトルが示す通りに、

”Modern Wild”

の、フレーズがまさにピッタリと思わせる感じがします。

まあ、”Wild”よりも、”Modern"の方が勝ってる気が私はしますけどね・・・

なんか、現物を見ていると、艶めかしい女性的なイメージを感じるんですよね・・・

連発するとくどいけど、”Sexy!”です。

さて、次は、やっぱりこの部分にふれないとね・・・

e0169977_16195225.jpg

キャンプに行ったら、シリンダー・ヘッドの上にコッヘル置いて料理出来そうな空間が・・・(笑)

めざしとか、干し柿作れそう。

否定的なイメージばかり想像させてゴメンね~





正直、私はこの手のバイクのコンセプトがよくわかりません・・・
何のための無駄な空間なのか・・・
とても必然から生まれたものとは思えないからデザインでしょうな~
昔あったJazzという50ccのバイクがあったけど、
あれ、キライでした・・・(笑)

でもね、こんな風に人がのってみると・・・

e0169977_16282320.jpg


良いじゃん!これっ!

って、正直に思いました。

e0169977_16332786.jpg


e0169977_16342359.jpg


全体のイメージがまとまっていて、シンプルで飽きのこないデザイン。

そのイメージの中で、重要なファクターを占めていると勝手に思うのが、
このラジエーターの処理ですかね?

e0169977_16401618.jpg
画像を編集しながら、”やっぱ空冷って良いよね~!”
”このフィンの造形がたまらんの~”なんて思ってたんですが・・・

待てよ!・・・

空冷な訳ないじゃん!
と、思ってカタログ見返しました(笑)
水冷です。


上手いこと、フレームに収めてカバーしているラジエーターが絶妙ですね。

さて、実際にまたがって見ると・・・

e0169977_16514966.jpg


ン~、タンクなが~い!

e0169977_1652775.jpg


メーターシンプル!

e0169977_16522850.jpg


ニーグリップって何?


いやー、潔い!

これだけ、色々縛りがなくデザインを押しとおせたデザイナーって、
気持ちよかったでしょうね~・・・(笑)

惜しいのは、せっかくタンクにメーカーロゴもエンブレムなく、
バッチリ決まってるのに、タンクの上のコーション・ラベルが・・・
”ガッチリロック・・・”

こんなところに貼るんじゃねー!

と、思いながらも、”ああ、これやっぱ市版車なんだ・・・、このまま出るんだ!”
なんて、あたりまえのことに感動した次第です・・・(笑)

今まで、この手のクルーザーって私の興味の対象外でしたが、
これも”悪くないな~”と、思っちゃいました。
フォワード・コントロールのステップってなれるのかな?(乗ってる人教えて!)
それだけが課題かな?

で、コイツにシーシーバー付けて、それにスタマタキスを付けて、
うちのお客様のK1200RSに乗ってるKさんみたいに子供を
乗っけて走るのも悪くないなー(R1100RSから乗り換えるか?)
と、思ったけど、それをするとコイツのイメージがくずれるので・・・

あくまでも、こいつは、独身のアラサー&アラフォーの
紳士・淑女に乗って頂きたいイメージ
ですね。
まあ、独身としましたが、子供抜きの既婚者は可ですかね・・・(笑)
カップルは、もちOK! カッコよく乗ってね~

で、話を戻して私の場合は、これ!

e0169977_17221555.jpg


e0169977_17224476.jpg


e0169977_17231081.jpg


一応、市販予定の”VT1300CR”

これだと、もう、オプション付のこの車両なら、
自分の使用用途にピッタリ!

今後の展開も期待できる”VT1300”シリーズからは目が離せませんよ!

以上、Tokyo Motor Show VT1300CX レポートでした!


SP)加藤
by hanehon-member | 2009-10-29 17:32