ハネホンSTAFFがお届けする最新情報、イベント情報、お遊び情報などなど


by hanehon-member
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Sweet な YAMAHA YZF-R1



e0169977_16484424.jpg



現在、当社には
YAMAHA YZF-R1
国内仕様逆輸入・北米仕様車
2台が展示してございます。


いったい、何が違うんだい???


バイク屋で働いているけど、バイクの事は何にも知らない私が抱いた
素朴な疑問・・・( ̄∇ ̄;)


当社の営業に質問してみましたので
本日は、そのやり取りをご紹介させて頂きます。




すみませ~ん、このYZF-R1の違いを教えて下さい。


 「はい。北米仕様の逆輸入車と国内仕様車の違いでございます。」


逆輸入車と国内仕様車って、何が違うんでしょうか?
言葉だけは良く聞くんですけどねぇ(^▽^;)


 「まずは、馬力が違います。
  逆輸入車は 182ps で、国内仕様は 145ps となりまして
  37psの違いがございます。
  そして、国内仕様にはリミッターが180キロできくようになっておりまして
  逆輸入車にはリミッターがありません。」


え~っと、リミッターって何ですか?
37psが違うと何が違うんですかねぇ?


 「・・・。」
 

   バイク屋のくせにマジで言ってる?( ̄□ ̄;)
   ハイ。まじで言ってます。( ̄ー ̄;)ゞ
   ε=( ̄。 ̄;)フゥ


 「まずですね、リミッターが付いている国内仕様は最高速度が180キロです。
  逆輸入車の最高速度は、メーターでは280キロとなっております。」


280キロ?
本当に出るの?


 「メーターはそのようになってますので
  サーキットで頑張って貰えば出ると思います。」


危ないので、頑張らなくていいとは思いますが・・・
馬力は?


 「馬力の違いも、高速走行時のスピードに違いが出ます。
  ただ、国内仕様の方が低速トルクがあるので
  出だしがスムーズで扱いやすいです。
  なので、100キロまでなら国内仕様の方が乗りやすいと思います。
  逆輸入車の本領が発揮できるのは、高速走行の出来る道ですので
  サーキットを走られる方には、絶対に逆輸入車をお勧め致します。」


あのぉ、日本の道路は100キロ以上で走ると
お巡りさんに捕まってしまうんですけどぉ、、、


 「ですよね。
  バイクの乗り方に寄っても違いがあります。
  街中や峠道などを走るのでしたら、国内仕様の方が扱いやすいです。
  サーキットをスピード出して走るのが好きな方には
  逆輸入車の方が楽しめます。」


へ~。
遠くへツーリングに出かけた時に、高速道路を飛ばすなら
逆輸入車ってことか!



e0169977_17151947.jpg


 「国内仕様でサーキットを走りたい場合には、ヤマハワイズギアから
  『サーキットECU』というリミッターカット用のコンピュータが出ているので
  そちらを持って行ってセットすれば、サーキット仕様になります。」


それは、街中を走る時にはセットしなければ、国内仕様スピードで
セットすれば、サーキット仕様になるという事ですか?

なるほど!仮面ライダーの変身ベルトみたいなもんですね♪


 「全然違うけど・・・ そんな感じって事で理解できるのなら
  それで構いませんが(´ヘ`;)
  サーキット仕様にすると、ヘッドライトがつかないので
  そのまま公道を走る事は出来ませんので、ご注意ください。」


なるほど!なるほど!!
仮面ライダーも変身する時にだけ、ベルトが現れるんだよねぇ♪♪


 「だから、違うってば!\(-_-メ) 」


で?それだけしか違わないの?


 「他にはですね、マフラーが違うんですよ。」


同じにしか見えないんですけど???


 「横から見たら、同じにしか見えませんよ(* ̄m ̄)プッ
  後ろからマフラーをよ~く見て下さい。
  中が二重丸と丸とで、違うでしょ?」

e0169977_17141875.jpg
e0169977_1714285.jpg



あ、ホントだ!!


 「二重丸が国内仕様車のマフラーで、丸が逆輸入車のマフラーです。
  これで、音の大きさが違うんですよ。
  二重丸の方は中で絞ってあるので、逆輸入車よりも音が小さいです。」


どれ位?


 「どれ位と言われても( ̄∇ ̄;)
  逆輸入車のマフラー音ですと、夜にエンジンをかけるのは気が引けます。」


近所迷惑って事ですね・・・。


 「もし逆輸入車の車両をお持ちで住宅街に住んでいらっしゃる場合は
  夜になったら、ちょっと大きな通りに出てからエンジンをかけたり
  エンジンを切ってから家に帰ってくる方が、ご近所トラブルを避けられますよ。」


そっかぁ!
で?他には??


 「国内仕様にはイモビライザーが着いていますが、
  逆輸入車にはイモビライザーが着いておりません。」


あのぉ、イモビライザーって?( ̄ー ̄;)ゞ


 |||(-_-;)||||||


じ、自分で調べます・・・。

   フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
     イモビライザー(Immobilizer)とは電子的なキーの照合システムによって、
     専用のキー以外ではエンジンの始動ができないという
     自動車盗難防止システムの呼称である。

あ、盗難防止システムですか!
それは着いていた方が安心ですよねぇ。


 「それから、費用の面でも若干の違いがございます。
  車両本体価格が違うのですが、この他に登録諸費用で
  逆輸入車には、排ガス検査費用が別途かかります。
  国内仕様は、国内での車検が通るように出来ていますので
  陸運局で登録をすればナンバーが着きますが
  逆輸入車は、国内の排気ガス規制の検査を受けてからでなければ
  登録する事が出来ません。
  なので、ナンバーを取得するための手続きが、国内仕様よりも1工程多くなるのです。」


じゃ、このプライスカードを見ると、国内仕様の方が車両本体価格は高いけど
逆輸入車の方が諸費用が高くなるってことかぁ。


                           つづく


                    ちょっと長くなりましたので、また明日にm(_ _;)m

                                         野崎(女)でした。
by hanehon-member | 2009-11-19 17:51