ハネホンSTAFFがお届けする最新情報、イベント情報、お遊び情報などなど


by hanehon-member
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

善意の輪

当、ブログを楽しみにしていらっしゃるみなさんは、お元気にしていますか?

震災後2週間を経過してもまだ被害の全容がつかめない未曾有の災害にあたり、
当社のお客様で直接の被害を受けられたという話は伺っていませんが、
千葉や、茨城といった近県でも被災されている方がいます。
特に、浦安や、幕張などは当社に買いに来て頂いたお客様もいますのでちょっと気がかりです。

さて、MQCでは、輸入業務をやっている関係もあり、
海外の取引先との連絡も少なからずあるのですが、
海の向こうの彼らにとっても日本の震災というのはやはり関心があるようで、
特にヨーロッパでは、チェルノブイリの恐怖が生々しく、
原子力施設の事故に関してはシビアに見ているようです。

そんな中、TCP製品の仕入れ先であるオランダのTECH-LINEのHeinさんから、
こんなメールを頂きました。

オランダのライダー達が、自分たちに趣味の道具としての高性能なバイクを
提供してくれる日本のために赤十字をとおして寄付をしようという内容です。

もとが、オランダ語(だと思う・・・)を、多分、翻訳ソフトでミキサーしてしまったので、
支離滅裂な日本語になっていますが、大体の意味は分かりますよね?

以下は、送ってきたメール、そのまんまの文章です。


バイクは、日本を 助ける

2011年3月21日(月曜日)

その結果を予見することはできません日本 では、発生した恐ろしい災害があった。 人命の損失は、劇 的なインフラストラクチャの損傷は、任意のvoorrstellingsvermogen超えています。 少なくとも、地震や津波、日本の人口の態度として印象的で。 ショックが残される収集ほぼ辞任:"何が起こったかというが起こった、我々は今必要があ ります。"それがコマンドを尊重します。 日本人は私たちの サポートを受けるに値する。 財務的にも道徳的。 それは事実だけのためにされていても私たち - 彼らが借りているオートバイ愛好家の場として。 日本の自動車産業 は、オートバイの世界では、現在の形をしている現状のままで。 私たちはより良いバイクに乗っていることを確認した。 日本のオートバイ、趣味や多くの情熱を、毎日楽しい私たちの多くを開始自転車の世代。 しかし、ささやかな - - 感謝のトークンは、したがって、場違いです。 今まで以上に。 ご入金が実際に意 味することは道徳的なサポートは未だが、主な理由は大海の一滴を超えることはできないかもしれないことも、あな たの財政的貢献、... 本当に、日本に値する。 ジロ6868オランダ赤十字社に支払われる。 収益は、日本赤十字社の救助に専念されます。


・・・ひどい日本語でしょ?(笑)
まだ、オランダ語を英語でトランスレートして送ってくれた方が意味が通じると思うのですが・・・


でも、この心意気が嬉しいのです。

彼らにとって2バイト文字は特殊な環境で、日常で扱う環境は無いと思うのですが、
(通常英語圏では1バイト1文字a=1ですが、日本語や中国語などは、
コンピュータで文字を表す時に一つの文字を2バイトで表現します。)
わざわざ日本語に変換して2バイト文字でメールを送ってくれたんです。

色々な海外アーティストなどが、支援を表明してくれていますが、
海外のライダー達も我々に支援してくれているというのは、
非常にうれしいことだと思いここに紹介することにしました。

以下は、原文のあるサイトと、その内容です。

http://www.nieuwsmotor.nl/motornieuws/9194-motorrijders-helpen-japan.html


Motorrijders helpen Japan
maandag, 21 maart 2011

Er heeft in Japan een afschuwelijk ramp plaatsgevonden waarvan de gevolgen nog niet te overzien zijn. Het verlies aan mensenlevens is dramatisch en de schade aan de infrastructuur gaat elk voorrstellingsvermogen te boven. Minstens zo indrukwekkend als de aardbeving en de allesverwoestende tsunami is de houding van de Japanse bevolking. De schok wordt gelaten en bijna berustend geïncasseerd: “ Wat gebeurd is is gebeurd, we moeten nu verder.” Dat dwingt respect af. De Japanse bevolking verdient onze steun. Zowel financieel als moreel. Al was het alleen maar vanwege het feit dat wij - als motorliefhebbers heel veel aan ze te danken hebben. De Japanse motorindustrie heeft de motorwereld zoals die er nu uitziet gestalte gegeven. Er voor gezorgd dat wij op betere motorfietsen rijden. Generaties motorrijders zijn begonnen op een Japanse motor, een hobby en vaak ook passie waaraan velen van ons nog dagelijks plezier beleven. Een blijk van waardering - hoe bescheiden dan ook - is daarom wel op zijn plaats. Nu meer dan ooit. Misschien niet eens door uw financiële bijdrage, die niet meer kan zijn dan een druppel op een nog steeds gloeiende plaat, maar vooral vanwege de morele steun die uw storting in de praktijk zal betekenen... Echt, de Japanners verdienen het. Giro 6868 T.n.v. het Nederlandse Rode Kruis. De opbrengst zal besteed worden aan de hulpverlening van het Japanse Rode Kruis.

e0169977_10465389.jpg




そして、手前味噌になりますが、株式会社羽田ホンダ販売としても、義援金を募集しております。

ご来店の際には、お釣銭の一部で構いませんので、余力があれば、よろしくおねがいます。


e0169977_1102847.jpg



ハネホンMQC)加藤
by hanehon-member | 2011-03-27 11:07 | ごあいさつ